Top

心はいつもスマートフィッシング
by you-ren
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
赤いシャツ着て釣りに行こう
e0190588_21554152.jpg



僕がまだ大学生だった頃、

“enoha rod” の望月さんに同行させてもらった時だった。

いシャツを着ていた望月さんに僕はこう言った。


「そんな赤いシャツ着て・・・魚があまり出てこなくなるんじゃないですか?」


e0190588_225747.jpg



『かよわい魚なんだから、そのくらいハンデもたしてあげたっていいんじゃない。』

今思うと、深イイ言葉なんだよなぁ~


e0190588_2295548.jpg



今年のシーズンは今日で終わりかな。













 
[PR]
# by you-ren | 2012-09-08 22:16 | my style
今を生きる
e0190588_023334.jpg



親父の死期が迫ってきている。


幼稚園のとき、僕にとってアウトドアの原点とも言えるべき「飯ごう炊飯」を教えてくれたのも親父だった。

中2のとき、五木村で初めてフライでヤマメを釣り上げたときに立ち会ってくれたのも親父だった。

大人として、男として、親として導いてくれたのも親父だった。


おとうさん、悔いはなかね?

俺たちに言っておきたいことはなかね?


そう言ってみたい。
[PR]
# by you-ren | 2012-08-29 00:40 | my style
ぼくらの世界
e0190588_1944398.jpg



まさかのクシデントが早速起こった。

中学生活の最後の記念にと、少年達は自転車での初キャンプを試みた。

僕は荷物だけを乗せていく単なる同伴者ということになっていた。

彼らは朝6時に家を出発した。


e0190588_1910331.jpg



星野川上流の“池の山キャンプ場”入り口に朝9時に集合と言っていたのだが、

時間を過ぎてもなかなか来ない。

3人とも電話はもっていないし、探しにいこうかと思ったが彼らの団結力にまかせたかった。

そのうち電話が・・・

e0190588_19124247.jpg



「道を間違えたみたいっ! いま通行人の人から携帯を借りて・・・」

どうやら大型車両用の山越えの迂回路に迷い込んだらしく、到着には相当遅れるとのこと。

たまらず探しに行くことにしたが見つけることはできなかった。


e0190588_19134046.jpg



途中川の被害状況を撮影に来ていたテレビクルーの人達を呼び止めると、

「中学生くらいの子達でしょ?さっきあそこの橋を渡っていきましたよ。」

ようやく本来の道にたどり着いたようだった。


e0190588_19141011.jpg



彼らはもうキャンプ場入り口のほんの手前まで来ていたが、

僕の子だけがくたばって道路に仰向けに寝転んでいた。

到底自転車ではまともに走行できないようなコースを辿ってきたうえ、

手持ちの飲み物をすべて飲み尽くしていたらしい。


e0190588_19153822.jpg



結局到着まで5時間かかった。

「苦労した思い出こそ大人になってからもいつまででも残るもんぜ。」

そんな慰めになるかならないかのねぎらいの言葉を彼らにかけた。


e0190588_2029780.jpg



夕方、すごい夕立がやってきて、立てていたテントを飛ばされたり、

1センチほどのドでかい蚊の猛攻撃をくらったりしたが、

ぜーんぶひっくるめて、中学生時代の最高の思い出になったんじゃないかな。


なるべくお前達だけの力で、お前達だけの知恵でやらせてあげたかった今回のキャンプ。

大人が関与しない、

彼らの世界。



e0190588_19183441.jpg



             bjさん、釣りはほとんどできなかったけど、
             途中から来てくださって本当にありがとうございました。
             あなたがいてくれなかったら、彼らのキャンプはもっと悲惨な結果になっていたことでしょう。
[PR]
# by you-ren | 2012-08-23 20:06 | my style
蝶収集

e0190588_11444211.jpg



小学校時代、近所のお宮である蝶を捕まえた時だ。

その彼女は向こうからランランラーンってな感じでやってきた。


『ねえねえ、何してるの?』

「蝶々とり。」

『わっ、キレイ!そのチョウチョ何ていうの?』

「ゴマダラチョウ。」

そう素っ気なく答えると、また彼女はランランラーンってな感じで帰っていった。


知的障害がある子で、当時特別学級に転校してきたばかりの生徒だった。

ある遠足の時、級長をしていたという理由から彼女と手を繋いで行くことになった。

それから、僕と彼女は仲がいい、デキてるなどの噂が立つようになった。

別にそれが嫌だという訳ではなかったが、片思いながら好きな子だっていたし、

やはり何となくいい気はしていなかった。



ゴマダラチョウ

夏のチョウ


こいつを見かける度、

僕はいつもあの神社で出会った彼女のことを思い出す。
[PR]
# by you-ren | 2012-08-05 12:24 | my style
a traffic sccident !

決してわざとじゃないんです。


e0190588_22242352.jpg



たまたまなんです。


e0190588_22555489.jpg



ゆっくりピックアップしてたら、


e0190588_2226656.jpg



なんかが横から スススッ と出てきて、


e0190588_2229410.jpg



あっ!! と思った瞬間、 


e0190588_2231427.jpg



グググッ ときて・・・


e0190588_22372393.jpg



 だったんです。


photo by bj
[PR]
# by you-ren | 2012-08-01 22:57 | my style
| ページトップ |


フォロー中のブログ
他ブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
赤いシャツ着て釣りに行こう
at 2012-09-08 22:16
今を生きる
at 2012-08-29 00:40
ぼくらの世界
at 2012-08-23 20:06
蝶収集
at 2012-08-05 12:24
a traffic scci..
at 2012-08-01 22:57
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"photoblack 3C" Skin
by 悠廉